ネットバンク一覧

住信SBIネット銀行 / ネットバンク徹底比較

住信SBIネット銀行はSBIと住友信託銀行が協力してできた新しい銀行です。ネットバンクとしては新興の銀行ですが、提供しているサービスは非常に利便性が高くお勧めです。まず、月3回まで他行への振込み手数料が無料であったり、コンビニATMが無料で使えるなどの決済性の他、ハイブリッド預金など運用性も十分です。

住信SBIネット銀行の評価:★★★★★(5段階評価)

住信SBIネット銀行
住信SBIネット銀行公式ホームページ

このエントリーをはてなブックマークに追加

ネットバンク徹底比較.com

 


住信SBIネット銀行の総合評価

ネットバンクとしては新興銀行になりますが、非常に優れたサービスと魅力的な預金商品、低い手数料サービスなどにより一気にシェアを拡大しているネットバンクです。特に「他行への振込み手数料が月3回まで無料」「コンビニATMの手数料が無料」「高金利のハイブリッド預金」など非常に魅力です。

こうした魅力を武器に、急激にシェアを拡大しているネットバンクです。

資産運用性評価 ★★★★★
手数料・コスト評価 ★★★★★
利便性評価 ★★★★★
セキュリティ評価 ★★★★
モバイル評価 ★★★★

 

住信SBIネット銀行の手数料体系

住信SBIネット銀行の各種手数料体系を紹介していきます。

口座維持手数料 無料
振り込み手数料
自行間(3万円未満) 無料
自行間(3万円以上) 無料
他行間(3万円未満)

月3回まで無料
(以後154円)

他行間(3万円以上)
他行への振込手数料については、月間3回まで無料となります。4回目以後は金額を問わず1回当たり150円となっており、この金額も安いです。
無条件で振り込み手数料が無料になるサービスとしてはネットバンクの中でも最多の無料振込みサービスとなっています。
ATM利用手数料
セブン銀行ATM
ローソンATM
イーネットATM
アットバンクATM
×

セブン銀行においては無制限に無料で利用できます。ローソンATM、イーネットについては、合計で月5回まで無料ですが以後は1回につき108円の手数料がかかります。

その他のATM提携状況
ゆうちょ銀行と提携しています。ゆうちょ銀行ATMについては、ローソン・イーネットと同様の条件となります。

 

 

住信SBIネット銀行の預金・投資・サービスを比較

住信SBIネット銀行が提供している特徴的なサービスや取扱商品を紹介していきます。

預金金利比較
普通預金金利 0.02%
ハイブリッド預金金利 0.10% [詳細]
定期預金金利 3ヶ月:0.20%
6ヶ月:0.20%
1年:0.25%
3年:0.11%
外貨預金金利  
調査日は平成26年8月1日です。最新の金利については公式ホームページ等で必ずご確認いただきますようお願いいたします。
預金商品に関する特徴

SBIハイブリッド預金
住信SBIネット銀行が扱うオリジナルの決済性預金。ネット証券である「SBI証券」の投資用資金と連動する預金で、株式などの買付け代金としても利用できます。また、預金金利も普通預金と比較してかなり高い水準にあります。

仕組預金(コイントス)
住信SBIネット銀行が取り扱っている仕組預金の一種です。円建てで預金し、満期時に戻ってくるのが、そのときの為替相場に応じて円または外貨で償還される場合がある預金となっています。仕組預金の中でも元本割れリスクがあります。

仕組預金(プレーオフ)
住信SBIネット銀行が提供している円仕組預金(定期預金)の一種です。住信SBIネット銀行が満期日を延長することができる特約がついた定期預金です。預金者はと仲介役できませんが、その分通常の定期預金よりも高い金利を受け取れます。

外貨預金の特徴

取り扱い通貨数:8通貨
「米ドル」「ユーロ」「ポンド」「豪ドル」「NZドル」「カナダドル」「スイスフラン」
為替交換手数料(米ドル):片道9銭
手数料はネットバンクの中でももっと安い水準です。為替レートもリアルタイムなので、外貨預金で為替取引をするのであれば最適ともいえるネットバンクです。

そのほか投資商品の取り扱い

・投資信託
投資信託の取り扱いはありませんが、SBI証券を通じて投資信託の売買が可能です。

・外貨MMF・FX(外国為替証拠金取引)
FX取引として取引所FX・店頭FXが利用できます。

住宅ローン

住信SBIネット銀行の住宅ローンは、ネットバンクの中でも魅力の高いローンとして評価されています。
>>住信SBIネット銀行の住宅ローンサービス

モバイル(携帯電話)対応 ・DoCoMo(iモード 対応の携帯電話機)
・au(EZweb 対応の携帯電話機)
・softbank(Yahoo! ケータイ 対応の携帯電話機)
・willcom(CLUB AIR-EDGE 対応端末)
その他サービス

即時決済サービス
住信SBIネット銀行と提携している企業のWEBサイトなどで、商品の購入や決済などを住信SBIネット銀行の口座からすぐに振替・決済することができるサービスです。例えば、Amazonでの商品購入代金の支払いを直接銀行の口座から行えるといったイメージです。

法人口座
住信SBIネット銀行が提供する法人向け口座です。口座維持手数料も無料で振込手数料も安いです。

 

 

住信SBIネット銀行に対する口コミ・評判・評価

-良いと回答した口コミ-

満足した
良い

総合力ではネットバンクNo1だと思っています。金利も高く、手数料も安い。文句ありません(30代男性)

満足した
良い
私は外貨預金で使っています。米ドルの為替手数料が片道9銭というのは国内銀行の中で最安値だと思います。
さらに、ためた外貨預金は同じグループのSBIカードを使えば海外でのドル決済としても使えるので、大変重宝しています。(30代女性)
満足した
良い
コンビニATMのほとんどに対応しているのがうれしい。これまではイーバンク(現楽天銀行)でしたが、メインバンクを住信SBIネット銀行に乗り換えました。(30代男性)
満足した
良い

ATMの手数料が月5回まで無料だし、他銀行への振込みが月3回まで無料というのが嬉しいです。(50代女性)

-中立と回答した口コミ-

感想
中立
ハイブリッド預金は確かに金利は高いけど、普通預金として下ろすときにはいちいち普通預金に振り替えしなくちゃいけないのが不便。同じような楽天銀行マネーブリッジはそのままおろせるんだからそのように改善してほしい(20代男性)
感想
中立
外貨預金目的で口座を作りましたが自動積立出来ないのをどうにかしてほしいと思った。結局手数料はちょっと高いけど、自動積立ができるソニー銀行に外貨預金を変更しました(30代女性)
感想
中立
手数料などは悪くないけど、振込をしようとした時口座番号を入れても振込先の名前が出ないのはちょっと使いづらい。番号だけだとちょっと不安になるので、口座番号を入れたら振込先名義が出るように改善してほしい(30代男性)

-悪いと回答した口コミ-

不満だった
悪い

なし

 

住信SBIネット銀行
住信SBIネット銀行公式ホームページ

 

ワンランク上の活用するためのアイデア

1.SBI証券にも口座開設することで、使い勝手が大幅アップ
住信SBIネット銀行は「ハイブリッド預金」を通じてSBI証券と資金面で連動が可能です。住信SBIネット銀行は銀行本体として資産運用関連のサービスが弱いことが弱点ですが、ハイブリッド預金を通じて、証券会社として評価の高いSBI証券で投資が可能ですので、住信SBIネット銀行、SBI証券相互の魅力を高めるためには両方の口座を持っておくことをお勧めします。なお、口座開設の順番はどちらが先でも問題ありません。[ SBI証券詳細情報 ]

2.他行振込手数料無料+自動振込み設定で計画的な貯蓄計画を!
住信SBIネット銀行の活用テクニックとしてオススメしたいのが、自動振込み設定です。家賃や家族への振込み(仕送り)などで、定期的に銀行振り込みを利用していないでしょうか?こうした方にオススメな機能が住信SBIネット銀行の自動振込み設定です。毎月定期的に定額を指定先に自動振込みしてくれるので、「振込みを忘れたー」なんてことはありません。自行内なら完全無料、他行であっても月3回まで無料なので、ぜひ活用してください。[コラム:住信SBIネット銀行の手数料無料+自動振込み設定は最強]

 

住信SBIネット銀行
住信SBIネット銀行公式ホームページ

 

 

>> おすすめネットバンクの総合ランキングはこちら <<

 

ネットバンクに対する口コミ情報を募集しております

当サイトでは、より中立な立場で銀行を紹介できるように、一般の利用者の方からネットバンク・銀行に対する口コミ情報を募集しております。
実際に、銀行を使ってみて感じた、良かった点や悪かった点などをぜひ、利用者の立場から教えてください。
口コミ採用者には抽選でAmazonギフト券500円分を差し上げます。
>>口コミ投稿フォーム