ネットバンク比較銀行取引の基礎知識>銀行の金利(利息)のしくみ

銀行の基礎知識

銀行の金利(利息)のしくみ

銀行預金をすると預金の金額や期間、預金の種類によって金利(利息)がつきます。この金利の仕組みや特徴について詳しく理解しているという方は少ないかもしれません。金利の概念や基本は知っておいて損はないのでこの機会にぜひしっかりと覚えましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

ネットバンク徹底比較.com

銀行にお金を預けると金利(利息)を受け取れる

知らない方は少ないかと思いますが、銀行にお金を預ける(預金する)と金利(利息)を受け取ることができます。

受け取れる金利(利息)は預ける預金の種類によっても異なります。
一般的な預金でいつでもお金を引き出せる「普通預金」よりは一定期間は預金することを約束する「定期預金」の方が金利は高く設定されています。

また、「預金金利ランキング」などを見てもらうとわかりますが、預ける銀行によっても預金金利は違います。

「超低金利時代」と呼ばれて久しく、預金をしてもほとんど金利が付かないという状況が続いています。しかしながら、金利の仕組みを知っておくということは資産運用を考えるとき、またローンを考える時なども大切な知識となります。

銀行における金利の仕組みを通じて金利や利息についての知識を身につけてもらえれば幸いです。

 

なぜ銀行預金に利息が付くのか?

そもそも、なぜ銀行預金をすると利息が付くのでしょうか?それは銀行が集めた預金を使って運用をしており、その一部を受け取る形で預金に利息が付いているのです。
>>なぜ銀行預金に利息が付くのか?

 

預金金利はいつ決まるのか?

預金金利の決まり方は、変動タイプと固定タイプによって変わってきます。普通預金は変動タイプ、定期預金は一般的には固定タイプとなっています。

 

 

 

>> おすすめネットバンクの総合ランキングはこちら <<

 

ネットバンクに対する口コミ情報を募集しております

当サイトでは、より中立な立場で銀行を紹介できるように、一般の利用者の方からネットバンク・銀行に対する口コミ情報を募集しております。
実際に、銀行を使ってみて感じた、良かった点や悪かった点などをぜひ、利用者の立場から教えてください。
>>口コミ投稿フォーム