ネットバンク比較ネットバンクの選び方目的別ネットバンク比較>ネットバンクをお財布代わりにしたい

ネットバンクの選び方

ネットバンクをお財布代わりにしたい

銀行のATMや、コンビニATMなどを活用してネットバンクをお財布代わりにしたいという、ネットバンクへの機能をリアル社会での決済性を重視するあたなにぴったりのネットバンクを比較していきます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

ネットバンク徹底比較.com

ネットバンクをお財布代わりにする際に重視すべきこと

ネットバンクを実生活でのお財布代わりに使う際のポイントは大きく以下の2点だと思います。それは「ATMの数」と「AMTの出金手数料」です。

使えるATMが多ければ、「あっ、お金を下ろさなきゃ」という場面でもすぐに、目当てのATMを探すことができます。また、こうした利用のたびに、手数料を取られていてはお金がいくらあっても足りなくなってしまいます。こうしたポイントからATMの数が多い、ATMの利用手数料が安いネットバンクを選ぶのが、ネットバンクをお財布代わりにするうえでは重要な項目といえるでしょう。

コンビニATMと手数料

近年のネットバンクへの口座開設者急増の背景の大きなポイントは「コンビニATMの普及」が挙げられます。ネットバンクは基本自前のATMをもっていませんので、「お金をどこでおろすのか?」が重要な要素となります。
しかしながら、現在ではほとんどのコンビニチェーンにATMが設置されており、ほとんどのネットバンクがこのATMを使うことができます。これによりネットバンクのデメリットである「自前のATMをもたない」という点はほとんどデメリットではなくなりました。

むしろ、普通の地銀や都銀のATMよりも数多く存在し、ネットバンクによってちがいはあるもののATM利用手数料も無料~わずかな手数料で利用することができるのが特徴です。

 

その他振込関連サービス

他に重要視したいのは、振込関連のサービスでしょうか。一つは振込手数料の問題。もう一つは振込関連のサービスが挙げられるでしょう。

1.振込手数料
安いほどいいですよね。ネットバンクの中には振込手数料を回数制限付きながら無料とするような銀行も増えています。たとえば、住信SBIネット銀行なら月3回まで、新生銀行なら月1回までは他の銀行への振込手数料も無料です。

2.振込・決済関連サービス
最近では、ネットバンクの中には、お金のやり取りを便利にするサービスを提供している銀行もあります。代表的なものとして、じぶん銀行の「電話番号決済サービス」や楽天銀行の「メルマネ」などが挙げられます。いずれも同じ銀行同士の決済サービスですが、電話番号やメールアドレスだけで簡単にお金のやりとりができ、友人同士でのお金のやりとりなどに便利です。

 

そんなあなたにイチオシのネットバンクはこれだ!

新生銀行

新生銀行は、ATMという面で言えばネットバンク最強の銀行です。「ATM手数料比較」で示したように、セブン銀行、ローソンATM、アットバンク、イーネットの全コンビニATMが手数料無料で利用できるほか、出金のみとなりますが、都市銀行(三菱東京UFJ銀行・三井住友銀行・みずほ銀行・りそな銀行)、信託銀行のATMも手数料無料で利用可能です。いろんな場所でお金を下ろす機会が多い人にとって新生銀行はぜひ持っておきたい銀行の一つです。
>>新生銀行詳細情報

ソニー銀行

コンビニATMの中でも最大手のセブン銀行が無条件で何回でも手数料無料で使えるのはうれしいです。
他にもイーネット、ローソンATM、アットバンクのコンビニATMに加え、三井住友銀行ATM、三菱東京UFJ銀行ATM、ゆうちょ銀行ATMについても合計で月5回までは手数料無料で利用できるようになっています。

>>ソニー銀行の詳細情報

住信SBIネット銀行

住信SBIネット銀行は、セブン銀行をはじめ、イーネット、ローソンATMといった多数のコンビニATMを手数料無料で利用できます(回数制限あり)

また、他の銀行への振込手数料が無条件で月1回~15回まで無料になるのもうれしい。
>>住信SBIネット銀行詳細情報

 

 

>> おすすめネットバンクの総合ランキングはこちら <<

 

ネットバンクに対する口コミ情報を募集しております

当サイトでは、より中立な立場で銀行を紹介できるように、一般の利用者の方からネットバンク・銀行に対する口コミ情報を募集しております。
実際に、銀行を使ってみて感じた、良かった点や悪かった点などをぜひ、利用者の立場から教えてください。
>>口コミ投稿フォーム