ネットバンク比較銀行取引の基礎知識>銀行で利用できるサービス

銀行の基礎知識

銀行で利用できるサービスの活用法

銀行というと「預金」と考える方が多いかもしれませんが、私たちの生活には様々な場面で銀行は関わってきます。「窓口やATMを使った資金の出し入れ」「振込」「引き落とし」「ローン・融資」など様々です。ここでは銀行で利用可能な各種サービスの基本とその使い方、上手に利用するためのポイントをわかりやすくまとめていきます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

ネットバンク徹底比較.com

銀行が提供してくれるサービスとその使い方

以下では銀行で利用できる各種サービスとそれぞれのサービスの使い方、活用方法、手数料などについて詳しく説明していきます。銀行で扱っている「各種預金の種類」については別で説明してきましたが、ここでは、預金以外の各種サービスについて説明していきます。

 

窓口・ATM・オンラインバンキングの使い方と使い分け

銀行サービスを利用する窓口としては大きく「店頭窓口」「ATM」「オンラインバンキング」という三つの利用窓口があります。 これらで利用できるサービス内容の違いとそれぞれのサービスを使い分ける必要性とそれぞれのコスト(手数料)の違いについて説明していきます。
>>窓口・ATM・オンラインバンキングの使い方と使い分け

 

銀行でのお金の預け方・引き出し方

銀行におけるサービス利用の基本は「お金を預けること」「引き出すこと」です。預金すると言います。お金を預けるための方法は大きく「店頭窓口で預ける、引き出す」という方法と「ATMを使って預ける、引き出す」という方法の二通りがあります。また、預ける時は「普通預金」への預け入れと「定期預金への預け入れ」の2種類があります。
>>銀行でのお金の預け方・引き出し方

 

銀行振込の手続き・方法

銀行振込というのは他の銀行口座にお金を移すことです。様々な料金の支払い等に銀行振込が利用されます。また、振込は窓口、ATM、オンラインバンキングで利用可能となっています。ここでは、銀行振込のやり方とその時に絶対に抑えておきたい注意点、手数料を抑えるためのポイントなどを説明していきます。
>>銀行振込の手続き・方法

 

自動引き落としの手続き・始め方

自動引き落としというのは、銀行口座からあらかじめ指定された形で引き落としを行うというものです。口座自動振替とも呼ばれます。公共料金の支払いやクレジットカード利用金額の支払い、生命保険や年金保険料などの支払いなどに用いられることが多いですね。

 

自動振込の手続き・始め方

自動振込というのはあらかじめ指定した口座に対して指定した金額を指定日に振り込むというものです。自動引き落としとも似ていますが、自動引き落としは「相手側」が依頼する内容を引き落とししているのに対して自動振込は「こちら側」が依頼する内容となります。

 

 

>> おすすめネットバンクの総合ランキングはこちら <<

 

ネットバンクに対する口コミ情報を募集しております

当サイトでは、より中立な立場で銀行を紹介できるように、一般の利用者の方からネットバンク・銀行に対する口コミ情報を募集しております。
実際に、銀行を使ってみて感じた、良かった点や悪かった点などをぜひ、利用者の立場から教えてください。
>>口コミ投稿フォーム