ネットバンクの選び方

株式投資におすすめのネットバンク

ネットバンクは使いたいけど、資産運用を目的にしており、株式投資などの投資のサポートとしてもネットバンクを使う場合のお勧めネットバンクを紹介していきます。

特に、ネット証券との連携に強いには「住信SBIネット銀行」「楽天銀行」があり、個人投資家に人気があります。
どちらも、ネット証券と連携することによって高金利の預金も利用でき、資産運用・効率の面からもお勧めです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

ネットバンク徹底比較.com

銀行で投資商品を購入するには

最近では、銀行でも債券や投資信託などの投資商品を買えるようになって来ました。また、銀行自体が証券会社の仲介をする証券仲介を行っており、密接な証券会社の紹介も行っています。資産運用を目的としてネットバンクに口座を持ちたいという場合は、ネットバンク自体で取引をするというものと、仲介された証券会社を通じて取引をするという二つの方法があります。

ネットバンクで投資商品を取引する

最近では、ネットバンクでも投資商品を購入することができます。ただし、ネットバンクといえども、銀行は証券会社ではありませんので、個別の株式取引をすることはできません。基本的には投資信託などの取引が中心となります。都市銀行や地方銀行と比較して、ネットバンクのほうが取り扱い投資信託の数は多いですが、実際のところ証券会社の取り扱い数と比較すると大きく水をあけられてしまいます。

ネットバンクと関係の深い仲介証券会社で取引をする

やはり資産運用をする場合、もっとも適しているのは証券会社を使ったものです。中でもおすすめなのが、銀行と証券会社の融合したサービスを提供した「銀証連携サービス」と呼ばれるものです。銀証連携サービスとは、従来の銀行と証券会社の垣根を越えて連携したサービスを提供するものです。
連携サービスでは、ネットバンクのホームページを通じて証券会社の資産管理ができたり、まるでひとつのサービスとして利用することができます。

現在のところ、「住信SBIネット銀行とSBI証券」「楽天銀行と楽天証券」「大和ネクスト銀行と大和証券」がそれぞれネットバンクと証券会社との間での資金共有サービスを提供しています。

特にお勧めなのは「住信SBIネット銀行」と「楽天銀行」どちらも対応するネット証券に口座を開設することで普通預金の金利が大幅にアップします。

住信SBIネット銀行
→ハイブリッド預金で金利が0.02%から0.10%もアップ

楽天銀行
→マネーブリッジ(楽天証券との連携設定。登録のみ)で普通預金金利が0.02%から0.10%に大幅アップ。

いずれも2014年2月時点。ネットバンクの一般的な普通預金金利が0.02%~0.05%くらいということを考えると早々有利な水準に設定されています。ちなみに株をしない方でも、銀行とネット証券に口座をつくるだけで利用できるサービスなので、株をしない人にもお勧めです。

 

そんなあなたにイチオシのネットバンクはこれだ!

住信SBIネット銀行

住信SBIネット銀行では、同じSBIグループの証券会社である「SBI証券」と連携したサービスが魅力です。ハイブリッド預金と呼ばれる預金が魅力です。銀行預金と証券会社の買付資金が連携させることができます。さらに、住信SBIネット銀行の管理画面上で、SBI証券の資産状況も把握することができます。
>>住信SBIネット銀行詳細情報

楽天銀行

楽天グループになった「楽天銀行」は同グループの「楽天証券」との資金共有サービスを始めています。楽天銀行で「マネーブリッジ」登録をすると自動的に楽天銀行の普通預金残高が楽天証券の投資資金としても利用できるようになります。
また、マネーブリッジに登録すると普通預金の預金金利が大幅アップする特典つきです。
>>楽天銀行詳細情報

 

 

>> おすすめネットバンクの総合ランキングはこちら <<

 

ネットバンクに対する口コミ情報を募集しております

当サイトでは、より中立な立場で銀行を紹介できるように、一般の利用者の方からネットバンク・銀行に対する口コミ情報を募集しております。
実際に、銀行を使ってみて感じた、良かった点や悪かった点などをぜひ、利用者の立場から教えてください。
>>口コミ投稿フォーム